お悩み別 アンチエイジング 美肌

8月とほぼ変わらない!?5月の紫外線とお顔のたるみの関係

投稿日:

すっかり暑くなってきましたが、
もう日焼け止めは準備完了してますか?

小顔マジシャンのなかたぎさくらです。

油断禁物!5月の紫外線は真夏と変わらない!

紫外線って怖いですよね。
人の肌に大きな影響を与える、とされていて、
近年特に注目されています。

 

夏だけではなく、
1年中紫外線は降り注いではいるのですが、

 

実は
5月の紫外線の強さが8月と
ほとんど変わらない

ってご存知でしたか?

 

こんな資料があります↓↓

※ウェザーニュースより

UVA(グラフの赤い線)に至っては、
梅雨明けの7月より多いぐらいです。

 

この「UVA」と「UVB」、
お肌に与える影響がそれぞれ異なるのですが、
真夏とほぼ変わらない「UVA」の方が
小顔の観点からは重要なんです。。。

 

紫外線の種類によってお肌に与えるダメージは違う!

紫外線には

・紫外線A波(UVA)
シワやたるみの原因

・紫外線B波(UVB)
シミやソバカスの原因

・紫外線C波(UVC)
皮膚がんの原因

と呼ばれています。

今回は地球上に届いているA波とB波について
説明していきます。

UVAはエネルギー自体は弱いのですが、
地上に届く量が多く、
肌の奥深くまで届いてしまいます。

 

肌の奥は「真皮」と呼ばれていて、
真皮の約70%はコラーゲンでできており

 

残りはエラスチンヒアルロン酸と行った
お肌のハリや弾力に関わる線維から
構成されています。

 

つまり・・・

 

UVAを強く浴びることで

お肌のハリや弾力が失われる

シワやたるみの原因

 

ということになります。

 

UVBは地上に届く量は少ないのですが、
エネルギーが強いので、
肌が赤くなったり黒くなったりします。

 

いわゆる「日焼け」の状態ですね。

 

刺激を受けたメラノサイトという色素細胞が
肌を守るためにメラニンを作ります。

 

紫外線という攻撃を受けていますので、
メラニンが大量に作られてしまい、
それがシミやソバカスとなってしまいます。

女性にとってはもちろん
どちらもイヤですが、

 

奥深くまでダメージを受けた肌は、
なかなか元に戻りません。

 

ダメージを受けないこと
重要になってきます。

 

そのためには日焼け止めが必須!

 

日焼け止めにもいろいろ種類がありますが、
ただ何でも塗ればいい、というわけでは
ありません。

 

場合によっては、塗ることで
お肌を痛めてしまうこともあるんです。

 

そもそも“あの数字”や
たくさんついてる”+”は何なのか・・・
是非ここで覚えてくださいね!

よく見て!日焼け止めの表示

よく見るこれ。

 

SPF→シミや炎症(UVB)を防ぐ

PA→シワやたるみ(UVA)を防ぐ
Protection Grade of UVAの略で

+の数→UVAの防御効果度

という意味なんです。

 

数字が高いものの方が防御効果も高そう、
と思っていた方!

 

正解!!!

 

「+」の数は最大が4。

高ければ高いほど、
多ければ多いほど、

防御硬化は高い、ということになります。

 

ただし・・・

数字が高いものはやはりお肌への刺激が強いため、
使い分けをするのがBEST!

 

ちょっとしたお出かけでも日焼けはするので
塗っておくことをお勧めしますが、
その場合は数字が低いものでも大丈夫です。

 

シーンによって使い分けることで
よりお肌を守ることができますよ!!

意外と忘れがちなこと

そして、意外と忘れがちなのが・・・

 

◆首に塗ること

◆外出する30分前に塗ること

お部屋の中でも日焼けすること

 

お顔だけ塗って満足していませんか??

 

首はお顔と比べても皮膚も薄く、
本当はお顔よりしっかりケアをして欲しいところ。

首は年齢が出てしまうことで
気にしている女性が多いんです。

 

首にシワやシミが多い方は要注意!
しっかりケアをしないと

 

どんどんシワやたるみができてしまい
二重アゴの原因にも!!!!

 

日焼け止めを塗らなかったことで
たるんでお顔が大きく見えてしまったり、
老け顔に見えてしまったりするのはイヤ!

 

是非今日からしっかり日焼け対策をして
綺麗なお肌将来まで小顔
でいられるようにしてくださいね!!

オススメ記事

-お悩み別, アンチエイジング, 美肌

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.